*

Firewalldで特定IPからの接続をdrop

公開日: : 投稿者:raru CentOS7, Linux, サーバ

このサイトは見ての通りwordpressなのですが、wordpressではloginのurlが推測されやすいために結構攻撃を受けます。
私程度のサイトでも結構な頻度で攻撃されます。
Limit Login Attemptというプラグインを利用していると、攻撃をしかけてきているIPとその際にアクセスしようとしたログインIDがわかるのですが、久しぶりにみたら結構すごかったです。
やっぱログインのURL変えなきゃダメですね。

今回は攻撃元IPを全て遮断(drop)してみようと思います。

LimitLoginAttemptから一覧取得

お題目つけるほどでもないのですが、管理画面のプラグインページから
IP ID
の組み合わせを全部コピーしてきます。
それをサーバ上に配置したら準備完了です。

[root@metal ~]# vi limitLoginAttempt.txt

awkでコマンド作成

awkコマンドでIPを取得しつつ、firewall-cmdのコマンドを作成していきます。
私実は初めて自分でawk使いました。
便利ですね〜。

[root@metal ~]# cat limitLoginAttempt.txt | awk '{print "firewall-cmd --add-source=" $1 " --permanent --zone=drop"}' > drop_ip.sh

もっとかっこいい書き方があるのかもしれませんが、これで十分。
これにてコマンドが作成できました。
あとはこれをshell scriptにして実行するだけです。

シェルによるIPのdrop

続いて先ほどのファイルをshell scriptにして実行です。

// 先頭に #!/bin/sh を追加
[root@metal ~]# vi drop_ip.sh
[root@metal ~]# chmod 700 drop_ip.sh 
[root@metal ~]# ./drop_ip.sh
[root@metal ~]# firewall-cmd --reload
success
[root@metal ~]# firewall-cmd --list-all --zone=drop

// 後片付け
[root@metal ~]# rm drop_ip.sh limitLoginAttempt.txt 
rm: remove regular file ‘drop_ip.sh’? y
rm: remove regular file ‘limitLoginAttempt.txt’? y

これにて完了です。
しばらくは標準出力としてコンソールにsuccessがたくさんでてきます。
あとは永続指定をしているのでfirewallをリロードしつつ、設定を確認しています。

これで少しは安心できますが、必ずしも固定IPの場所から攻撃されているわけでもないでしょうから巻き添えを食らっている人もいるかもしれません。
でもどうせ韓国とかロシアだろうから、気にしません。

あとがき

昨日なんの気なしに見たら、IDの場所に正しいIDが指定されていて肝が冷えました。
httpsなのになぜバレているんでしょうね。

わりとほんとわからないです。

関連記事

no image

Raspberry Piのpidoraをセットアップ

以前私はRaspberry PiにPidoraを入れたのですが、初期設定をしたつもりになっていてして

記事を読む

no image

Raspbianをwheezyからjessieにアップグレード

2015/04頃にdebianのバージョン8 jessieがリリースされたようです。 それに伴い、

記事を読む

no image

CentOS6にredmineを導入

CentOSにredmineを導入しました。 Gitとの連携を目論んでいたのですが、redmine

記事を読む

no image

RedmineからsSMTPでメールを送信

Redmineの管理画面にアクセスしたところメール通知設定は所定のファイルを編集しないとできないよう

記事を読む

no image

CentOS7にウイルスソフト(Clamd)を導入

今回はLinuxのウイルス対策ツールのClamdの導入を行いたいと思います。 Windowsマシン

記事を読む

no image

rsyncでsshの鍵を指定してデータ転送

今回は旧サーバから新サーバへいろいろ移設するために便利なrsyncの設定です。 設定というほどのも

記事を読む

no image

ZabbixからsSMTPを利用してエラー通知メール送信

今回はsSMTPを利用してRaspbian上のZabbix Serverからアラートメールの送信を行

記事を読む

no image

RaspbianのZabbix ServerにZabbix Agentをインストール

前回の記事でRaspbianにZabbixサーバをインストールしてみました。 今回はzabbi

記事を読む

no image

CentOSにSSH鍵認証で接続するGitリポジトリを作成

今回友人と共同開発を行なうと思い、ざっくりとGitサーバを建ててみました。 私はSVNの方が好きな

記事を読む

no image

ZabbixでSSL証明書期限チェック

zabbixは初期状態でhttps系の監視が微妙なため、証明書期限の監視設定などを行ってみたいと思い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑