*

iptablesで特定のIPからの接続を遮断

公開日: : 最終更新日:2014/03/07 投稿者:raru Linux, サーバ

WordPressを利用して作成しているこのブログなのですが、管理画面へのログインリンクがあるせいなのか、はたまたWordPressのログインurlが分かっているので、そこに対してアクセスがあるのか分かりませんが、謎のユーザがログインしようと試行錯誤しているのが見て取れます。
ちなみに韓国さんからやられているようでした。全く

そこで今回iptablesを設定して、特定のIPからの接続を遮断してみたいと思います。

iptablesの設定

今回iptablesに追加するのは以下の行となります。

-A INPUT -s 27.255.84.219 -j DROP

それぞれの意味は以下のようになっています。

-A: appedの略で、新しいルールを追加するという意味ですね。
INPUT: 自身へ対してのパケットを受信したら、という条件となります。
-s: sourceの略でipアドレスを指していて、次に特定のipを指定します。
-j: jumpの略で、この今までに書いた条件に一致するものに対する操作を指定してします。
DROP: パケットの破棄を行ないます。

上記を行なったら

service iptables restart

で、iptablesを再起動しましょう。

いやぁ、こんなへんぴなところでも何かイタズラしにくるのですね。
みなさんも自分は大丈夫と思わずに気をつけてセキュリティ頑張りましょう。
僕も頑張りましょう

関連記事

no image

Raspbian(jessie)にssh鍵認証で接続

Debianがjessieになって、sshd_configのデフォルトの設定が変わりました。 それ

記事を読む

no image

Firewalldで特定IPからの接続をdrop

このサイトは見ての通りwordpressなのですが、wordpressではloginのurlが推測さ

記事を読む

no image

RedmineからsSMTPでメールを送信

Redmineの管理画面にアクセスしたところメール通知設定は所定のファイルを編集しないとできないよう

記事を読む

no image

PidoraにZabbix2.2を入れてみた

※完璧な状態ではありません。 こちらの記事のzabbix設定周りを行うと解決する可能性がありま

記事を読む

no image

RaspberryPI3にCentOS7をインストール (mac利用)

いつの間にやらRaspberryPI 3が発売し、さらにはCentOSまでもがraspberry p

記事を読む

no image

Raspberry Pi/ラズベリーパイ にFedora(Pidora)をインストール

Raspberry PI2にFedoraをインストール 注文していたRaspberry P

記事を読む

no image

ZabbixからsSMTPを利用してエラー通知メール送信

今回はsSMTPを利用してRaspbian上のZabbix Serverからアラートメールの送信を行

記事を読む

no image

Raspbianをwheezyからjessieにアップグレード

2015/04頃にdebianのバージョン8 jessieがリリースされたようです。 それに伴い、

記事を読む

no image

CentOSで不要カーネルの削除

サーバを利用して時間が経過すると溜まってくるLinuxのkernelの削除方法の備忘録。 忘れるた

記事を読む

no image

CentOS6 初期設定

自宅に置いてある安鯖にCentOS6を入れて初期設定を行ないました。 前提条件/設定項目

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑