*

CentOSで不要カーネルの削除

公開日: : 投稿者:raru Linux, サーバ

サーバを利用して時間が経過すると溜まってくるLinuxのkernelの削除方法の備忘録。
忘れるたびに調べているのでメモを残します。

特にVPSなどを利用していてディスクに余裕がないときには、定期的に削除を行わないとディスクを圧迫されてしまいます。
容量不足で更新ができなくなる方もいるのでは。

カーネルの削除

カーネルの削除はyum-utilsというものをインストールして行うのが一般的なようです。
こちらを使うことで簡単に不要なカーネルを削除できます。

[root@metal ~]# yum install yum-utils
[root@metal ~]# rpm -q kernel
[root@metal ~]# uname -r
[root@metal ~]# package-cleanup --oldkernels --count=3

rpmコマンドから現在残っているカーネルを確認して、unameで現在利用しているカーネルを確認します。
利用しているカーネルが最新でない場合にはrebootを行うことで最新にすることができます。

最後のコマンドで削除を行っていますが、これは古いものを3世代残すという設定になります。
個人的には2世代くらい残せばいいかなぁって気がしますが、一旦3世代残しています。

カーネルのローテート

ローテートと呼んでいいのかはわかりませんが、残す世代を少なくする設定を行います。

[root@metal ~]# cp /etc/yum.conf /etc/yum.conf.org
[root@metal ~]# vi /etc/yum.conf
[root@metal ~]# diff /etc/yum.conf.org /etc/yum.conf
10c10
< installonly_limit=5 --- > installonly_limit=3

installonly_limitを3にすることで残していくカーネルの数を変更しています。

ちなみにこのinstallonly_limitですが、正確にはカーネルの残す数の設定ではありません。
正しくはinstallonlypkgsに指定されているものを残しておく数になります。
installonlypkgsはインストール可能でも自動で更新しない(したくない)ものを設定しておくオプションです。
デフォルトではカーネル系が対象になります。

なので、初期状態ではここを変更することでカーネルの数を調整できるということになります。
pkgsの方に設定を追加、上書きしている場合にはそちらを残す数の設定になります。

あとがき

普段頻繁に使わない設定やコマンドはすぐに忘れてしまいますね。
やはりサーバには自分用の手順書が必要だと感じます。

気付いたら自分もいろんな手順が手元にあるので、仕事でもプライベートでもサーバ建てるときに重宝しています。

関連記事

no image

CentOS7にGitLab 9をインストールして日本語化

最近CentOS7にGitLabを入れて、日本語化してみました。 最近9が出たようで、あまり参考に

記事を読む

no image

Raspberry Pi/ラズベリーパイ を注文しました

Linuxの学習用途にお勧めされているRaspberry Piを注文しました。 ラズベリーパイ

記事を読む

no image

RaspberryPi2のFedora22にOpenVPN構築

コツコツと以前購入してoverclockしたraspberry pi2にOpenVPNを構築していま

記事を読む

no image

Raspberry Pi 2(Raspbian) 初期設定

性懲りもせずにRaspberry pi2を購入しました。 初代に比べて相当スペックが向上しており、

記事を読む

no image

CentOS7にウイルスソフト(Clamd)を導入

今回はLinuxのウイルス対策ツールのClamdの導入を行いたいと思います。 Windowsマシン

記事を読む

no image

iptablesで特定のIPからの接続を遮断

WordPressを利用して作成しているこのブログなのですが、管理画面へのログインリンクがあるせいな

記事を読む

no image

CentOS6 初期設定

自宅に置いてある安鯖にCentOS6を入れて初期設定を行ないました。 前提条件/設定項目

記事を読む

no image

CentOSにSSH鍵認証で接続するGitリポジトリを作成

今回友人と共同開発を行なうと思い、ざっくりとGitサーバを建ててみました。 私はSVNの方が好きな

記事を読む

no image

Raspbian(jessie)にssh鍵認証で接続

Debianがjessieになって、sshd_configのデフォルトの設定が変わりました。 それ

記事を読む

no image

ZabbixからsSMTPを利用してエラー通知メール送信

今回はsSMTPを利用してRaspbian上のZabbix Serverからアラートメールの送信を行

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑