*

CentOSで不要カーネルの削除

公開日: : 投稿者:raru Linux, サーバ

サーバを利用して時間が経過すると溜まってくるLinuxのkernelの削除方法の備忘録。
忘れるたびに調べているのでメモを残します。

特にVPSなどを利用していてディスクに余裕がないときには、定期的に削除を行わないとディスクを圧迫されてしまいます。
容量不足で更新ができなくなる方もいるのでは。

カーネルの削除

カーネルの削除はyum-utilsというものをインストールして行うのが一般的なようです。
こちらを使うことで簡単に不要なカーネルを削除できます。

[root@metal ~]# yum install yum-utils
[root@metal ~]# rpm -q kernel
[root@metal ~]# uname -r
[root@metal ~]# package-cleanup --oldkernels --count=3

rpmコマンドから現在残っているカーネルを確認して、unameで現在利用しているカーネルを確認します。
利用しているカーネルが最新でない場合にはrebootを行うことで最新にすることができます。

最後のコマンドで削除を行っていますが、これは古いものを3世代残すという設定になります。
個人的には2世代くらい残せばいいかなぁって気がしますが、一旦3世代残しています。

カーネルのローテート

ローテートと呼んでいいのかはわかりませんが、残す世代を少なくする設定を行います。

[root@metal ~]# cp /etc/yum.conf /etc/yum.conf.org
[root@metal ~]# vi /etc/yum.conf
[root@metal ~]# diff /etc/yum.conf.org /etc/yum.conf
10c10
< installonly_limit=5 --- > installonly_limit=3

installonly_limitを3にすることで残していくカーネルの数を変更しています。

ちなみにこのinstallonly_limitですが、正確にはカーネルの残す数の設定ではありません。
正しくはinstallonlypkgsに指定されているものを残しておく数になります。
installonlypkgsはインストール可能でも自動で更新しない(したくない)ものを設定しておくオプションです。
デフォルトではカーネル系が対象になります。

なので、初期状態ではここを変更することでカーネルの数を調整できるということになります。
pkgsの方に設定を追加、上書きしている場合にはそちらを残す数の設定になります。

あとがき

普段頻繁に使わない設定やコマンドはすぐに忘れてしまいますね。
やはりサーバには自分用の手順書が必要だと感じます。

気付いたら自分もいろんな手順が手元にあるので、仕事でもプライベートでもサーバ建てるときに重宝しています。

関連記事

no image

CentOS6にredmineを導入

CentOSにredmineを導入しました。 Gitとの連携を目論んでいたのですが、redmine

記事を読む

no image

CentOS7にwordpressを移行

前の記事で初期設定を行ったサーバにwordpressを移設します。 wordpressの移設は案外

記事を読む

no image

Raspbian(jessie)にssh鍵認証で接続

Debianがjessieになって、sshd_configのデフォルトの設定が変わりました。 それ

記事を読む

no image

PidoraにZabbix2.2を入れてみた

※完璧な状態ではありません。 こちらの記事のzabbix設定周りを行うと解決する可能性がありま

記事を読む

no image

RedmineからsSMTPでメールを送信

Redmineの管理画面にアクセスしたところメール通知設定は所定のファイルを編集しないとできないよう

記事を読む

no image

CentOS6 初期設定

自宅に置いてある安鯖にCentOS6を入れて初期設定を行ないました。 前提条件/設定項目

記事を読む

no image

Raspberry Pi/ラズベリーパイ を注文しました

Linuxの学習用途にお勧めされているRaspberry Piを注文しました。 ラズベリーパイ

記事を読む

no image

Raspbianでメール送信 ssmtp編

Raspbianで監視などをおこなっているとメールが送信したくなります。 とりあえず何かと管理用に

記事を読む

no image

Raspberry Pi/ラズベリーパイ にFedora(Pidora)をインストール

Raspberry PI2にFedoraをインストール 注文していたRaspberry P

記事を読む

no image

ZabbixでSSL証明書期限チェック

zabbixは初期状態でhttps系の監視が微妙なため、証明書期限の監視設定などを行ってみたいと思い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑