*

CentOSで不要カーネルの削除

公開日: : 投稿者:raru Linux, サーバ

サーバを利用して時間が経過すると溜まってくるLinuxのkernelの削除方法の備忘録。
忘れるたびに調べているのでメモを残します。

特にVPSなどを利用していてディスクに余裕がないときには、定期的に削除を行わないとディスクを圧迫されてしまいます。
容量不足で更新ができなくなる方もいるのでは。

カーネルの削除

カーネルの削除はyum-utilsというものをインストールして行うのが一般的なようです。
こちらを使うことで簡単に不要なカーネルを削除できます。

[root@metal ~]# yum install yum-utils
[root@metal ~]# rpm -q kernel
[root@metal ~]# uname -r
[root@metal ~]# package-cleanup --oldkernels --count=3

rpmコマンドから現在残っているカーネルを確認して、unameで現在利用しているカーネルを確認します。
利用しているカーネルが最新でない場合にはrebootを行うことで最新にすることができます。

最後のコマンドで削除を行っていますが、これは古いものを3世代残すという設定になります。
個人的には2世代くらい残せばいいかなぁって気がしますが、一旦3世代残しています。

カーネルのローテート

ローテートと呼んでいいのかはわかりませんが、残す世代を少なくする設定を行います。

[root@metal ~]# cp /etc/yum.conf /etc/yum.conf.org
[root@metal ~]# vi /etc/yum.conf
[root@metal ~]# diff /etc/yum.conf.org /etc/yum.conf
10c10
< installonly_limit=5 --- > installonly_limit=3

installonly_limitを3にすることで残していくカーネルの数を変更しています。

ちなみにこのinstallonly_limitですが、正確にはカーネルの残す数の設定ではありません。
正しくはinstallonlypkgsに指定されているものを残しておく数になります。
installonlypkgsはインストール可能でも自動で更新しない(したくない)ものを設定しておくオプションです。
デフォルトではカーネル系が対象になります。

なので、初期状態ではここを変更することでカーネルの数を調整できるということになります。
pkgsの方に設定を追加、上書きしている場合にはそちらを残す数の設定になります。

あとがき

普段頻繁に使わない設定やコマンドはすぐに忘れてしまいますね。
やはりサーバには自分用の手順書が必要だと感じます。

気付いたら自分もいろんな手順が手元にあるので、仕事でもプライベートでもサーバ建てるときに重宝しています。

関連記事

no image

CentOS7 初期設定

しばらく振りになりますが、ひっそりとWordpressの移設を行っていました。 お仕事が多忙を極め

記事を読む

no image

ZabbixからsSMTPを利用してエラー通知メール送信

今回はsSMTPを利用してRaspbian上のZabbix Serverからアラートメールの送信を行

記事を読む

no image

ZabbixでSSL証明書期限チェック

zabbixは初期状態でhttps系の監視が微妙なため、証明書期限の監視設定などを行ってみたいと思い

記事を読む

no image

個人でのProxyサーバ利用用途

Proxyサーバを建てたいということで、利用用途を考えていました。 まずサイト高速化であったり冗長

記事を読む

no image

rsyncでsshの鍵を指定してデータ転送

今回は旧サーバから新サーバへいろいろ移設するために便利なrsyncの設定です。 設定というほどのも

記事を読む

no image

Firewalldで特定IPからの接続をdrop

このサイトは見ての通りwordpressなのですが、wordpressではloginのurlが推測さ

記事を読む

no image

DDNS(No-IP)をcronで更新

DDNSを利用してzabbix agentを導入できないかと思い、ひとまずDDNSの設定を行いました

記事を読む

no image

RaspbianにRedmine3を導入

普段Zabbixを入れて運用しいてるRaspbianにRedmineも入れてみました。 ややスペッ

記事を読む

no image

Raspbianでメール送信 ssmtp編

Raspbianで監視などをおこなっているとメールが送信したくなります。 とりあえず何かと管理用に

記事を読む

no image

Pidoraの時刻設定(ntp)

現在Pidoraを監視サーバ化しようとしているところです。 なかなか苦労しますね。普通のサーバで設

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑