*

健康診断 | ST上昇

公開日: : 投稿者:raru 雑記

最近はswiftでiPhoneアプリの開発を勉強しています。
プログラムはかけるのですが、独特のGUI操作からのオブジェクト紐付けが意味わからないです。
本を買いましたが、まだ届いていないです。

さて、先日健康診断があったのですがその結果がわりと自分の中で話題。
心電図で引っかかり、ST上昇とのこと。
心筋梗塞などの際にある波形のようです。
とはいえ、これといった自覚症状はないので心配しすぎというか、体調や機器の誤差なんだろうなぁと思ってます。

脈拍というところでいうと、稀に変な鼓動しているときがあるなぁとは思っていたので、そこも人体の誤差範囲なのかよくわからんのでなんとも言えないところですね。

しかし親族にその周りの病気の人はいないので、一時的なものなんだろうと思っています。

ちなみに医師が若かったのですが、とても印象的な問診でした。
入室直後開口一番「自覚症状ってあります?」でした。

その時点で「あ、自覚症状あったりする可能性がある何か出たんだ」って思いましたね。
あと、若いからたぶん大丈夫を連呼していたのと、きっと今までの診断でもこうだったけど誤差でスルーする範囲だったと思うから大丈夫を連呼していました。
誰に言い訳をしているのかな? という感じで、逆に不安を煽っていくスタイルなんだな、と理解しました。

僕は別に死ぬ願望があるわけじゃないですが、仮に死んでも引継ぎ必要ない程度には管理してるサーバ資料とか残してるから基本大丈夫だな、って思います。
ただ心筋梗塞はとても痛いらしいので、それはご免被りたいところです。
なんにせよ、普通に元気なので単純に誤差の範囲なんだと思いますが、言われてみると結構気になるものですね。
ぐぐってもST上昇のときは要注意ばっかり書いてあって、普通によくある誤差だよ、ってことがあまり見当たらないので。

運動と睡眠と食事かな? って思うけど心臓だし運動は微妙なのかどうかよくわからないっすね。
運動すると絶対過負荷に追い込んじゃいますからね、長距離選手なので。

という、SEOとかわりと気にしてたので雑記は書かないスタイルを貫いていましたが、せっかくなので日記書いてみましたとさ。

関連記事

no image

wordpressのsslによるhttps化

かなり久しぶりです。 いろいろと知識と資料は蓄積しているのですが更新する時間が取れていません。

記事を読む

no image

肛門周囲膿症 手術 (切開開放術)

肛門周囲膿症の手術を、ついに行ってきました。 今経過2週間になり、一旦軽くなら運動をしていいという

記事を読む

no image

肛門周囲膿症(痔ろう)でした

先々週頃から男の逆デリケートゾーンに違和感があり、あからさまに腫れていたので意を決して医者に行きまし

記事を読む

no image

肛門周囲膿症(痔瘻) | 1週間経過

肛門周囲膿症と診断され、お尻の穴を2つにされてから1週間が経過しました。 私の場合はそこまでひ

記事を読む

no image

Hello WordPress!!

WordPressを導入しました。 今までCMSに触れたことがないので、これを機に触っていきたいと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑