*

node-http-proxyでsocket.ioが通らない

公開日: : 最終更新日:2014/01/30 投稿者:raru node

お金が無いので複数サーバも借りられず、複数ドメインも取得出来ないために
サブドメインによるサイト振り分けを行なっているのですが、apacheとnodeを共存させるときに詰まったので備忘録。

今回の詰まったことはhttp-proxyがwebsocketを通さないこと。
サブドメインでapacheによるWordPressと自前のnodeアプリを両立させようとしていたのですが、これが上手くできませんでした。
そのとき出ていたエラーが

WebSocket connection to 'ws://xxxxxxx:nnnn' failed: One or more reserved bits are on: reserved1 = 1, reserved2 = 0, reserved3 = 0

こんな感じのものでしたね。

結論から言うと、原因はnodeのversionです。
どうやら現在のnode-http-proxy(http-proxy module)はnode v0.11.xではwebsocket(socket.io module)を通してくれないようです。
なので、v0.10.x系のnodeを使用したところ問題なくwebsocketを通してくれるようになりました。

ちなみに私はv0.10.8にすることで対応しました。
たしかnodeは偶数がリリース版で奇数が実験版だったはずなので(曖昧

実際にサーバに上げたり、公開しようとしてみたりするとローカルでは発生しない問題で悩むことが多いですね。
今回のは全く関係ないですけどね

関連記事

no image

Node.jsのSocket.io入門

前置き WebRTCを使用して通信を行なうときに、offerなどの情報を伝える為にサーバサイドのプ

記事を読む

no image

socket.ioとwebRTCでビデオチャット

現在作成したいものがあるために、その予行演習として nodeのsocket.ioとwebRTC機能

記事を読む

no image

node v0.11.8 npm エラー

webRTCとnodeを使っていろいろと作ろうとしているのですが、開発中に少し悩んだので備忘録

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑