*

DDNS(No-IP)をcronで更新

公開日: : 投稿者:raru Linux, サーバ

DDNSを利用してzabbix agentを導入できないかと思い、ひとまずDDNSの設定を行いました。
でもopen vpn導入も考えているのですが、これだと結局ルータのポートフォワード用の穴が増えてダメじゃん、と思わなくない。

では、早速導入。

DDNSとは

このタイトルで明確に検索している方にはもはや説明は不要ですがダイナミックDNSの略になります。
DDNSで実現できることは「固定IPがなくても名前解決で自宅を特定可能にする」ことです。

DDNSを提供してくれているサービスに、特定のドメインのサブドメインをお借りしてAレコードを登録するわけですね。

そこで何がダイナミックかというと、TTLの短さです。(と僕は勝手に言います。)

dig mydns.jp
# mydns.jp.		300	IN	SOA	mydns.jp. root.mydns.jp. 1420604081 600 180 600 300

こんな感じで、TTLが5分と短いです。
ダイナミックだ。

これにより、いつ変動してしまうかわからない家の動的IPに対して5分以内で追随可能になるわけですね。

DDNSサービス

DDNSサービスにはいくつか、有名どころがあります。
例えば、mydnsですね。
これは非常に有名で、日本語サイトでもあるので利用者も多いのではないでしょうか?

ですが、今回はNo-IPという海外のサービスを利用していきます。
理由は単純明快。
MyDNSは通信がhttpだから。

ユーザ登録も、定期実行する通信も全部丸見えです。
戦慄します。無料で提供してくださっているので、余計な経費はかけられないということでしょうかね。

No-IP設定

正直参考サイトがいくつかあるので、ここでは割愛します。
PC遠隔操作に便利な無料ダイナミックDNS『no-ip』のアカウント・設定方法

こちらのサイトが、比較的今のサイトに近くわかりやすかったです。

onamae.comなどDNSを自分で利用したことがある人参考サイトがなくともなんとなく操作がわかると思います。
そうでない方は、ちょっとわかりづらいかも?

cronの設定

アカウントの作成が完了したら、今度はcronの設定です。
家庭内にあるサーバでもなんでも、常時起動しているマシンに対して定期実行のコマンドを登録しましょう。
私はraspbianで定期実行させています。

# crontab -e
# crontab -l
*/5 * * * * curl -s "https://login_id:password@dynupdate.no-ip.com/nic/update?hostname=yourdomain" > /dev/null

登録時のlogin idやpassword、取得したドメインを指定していきます。
ドメインというかホストという方が正しいのかな。

またcronに登録する前に以下の部分のみを実行して、正しく反応があるかどうか確認することをお勧めします。

curl -s "https://login_id:password@dynupdate.no-ip.com/nic/update?hostname=yourdomain"

これで設定は完了です。
またCentOS7以降を利用している場合には、デフォルトがanacronで過去のOSであったnoanacronとは違うのでお気をつけください。

これにて設定は完了です。

あとがき

DDNSの設定をしてはみましたが、外にサーバが増えるたびにポートを解放していくことを思うと現実的じゃないなと考えています。
監視サーバは外で借りた方がいいんですかねぇ。
月額1000円前後としたって、台数が増えてくると地味に出費が痛いところです。

関連記事

no image

OpenDKIMを利用したメール認証

今回はOpenDKIMを利用したメール認証設定を行います。 DKIMやらSPFやら、メールは何かと

記事を読む

no image

RedmineからsSMTPでメールを送信

Redmineの管理画面にアクセスしたところメール通知設定は所定のファイルを編集しないとできないよう

記事を読む

no image

Raspberry Pi2/ラズベリーパイ2にFedoraをインストール

Raspberry pi2にFedoraがインストールできるという情報を入手したので2台目を購入して

記事を読む

no image

CentOS6にredmineを導入

CentOSにredmineを導入しました。 Gitとの連携を目論んでいたのですが、redmine

記事を読む

no image

CentOS7 Postfix+Dovecot+SSL/TLS 設定

今回は禁断のメール設定です。 メールは他に比べて設定がわかりづらいし、連携するミドルウェアが多いし

記事を読む

no image

CentOSで不要カーネルの削除

サーバを利用して時間が経過すると溜まってくるLinuxのkernelの削除方法の備忘録。 忘れるた

記事を読む

no image

個人でのProxyサーバ利用用途

Proxyサーバを建てたいということで、利用用途を考えていました。 まずサイト高速化であったり冗長

記事を読む

no image

Firewalldで特定IPからの接続をdrop

このサイトは見ての通りwordpressなのですが、wordpressではloginのurlが推測さ

記事を読む

no image

yum使いがハマるaptitudeの罠 update

最近までaptitudeの使い方に関して大いなる勘違いをしていました。 yum使いの皆様も私と同様

記事を読む

no image

CentOS7にwordpressを移行

前の記事で初期設定を行ったサーバにwordpressを移設します。 wordpressの移設は案外

記事を読む

Comment

  1. […] こちらを参考にさせていただきました。 Raspberry Piでcronを使った時の話し Raspberry Pi | cronを使って定期的に写真撮影&メール送信 Raspberry Piでcronを使用し定期的にスクリプトを実行する DDNS(No-IP)をcronで更新 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑