*

Raspberry Pi/ラズベリーパイ を注文しました

公開日: : 最終更新日:2014/02/10 投稿者:raru Linux

Linuxの学習用途にお勧めされているRaspberry Piを注文しました。

ラズベリーパイにはメモリ256MBのAタイプ、512MBのBタイプが存在しているのでBタイプを選択しました。いくらなんでも256はしんどいと思うんですよね。

この手の格安Linuxは、どうもCPUが低価格なものを使用出来るから安いようです(もちろん他も全部安いですが)
似たようなものとして「Beaglebone Black」というものも存在しており、これはラズベリーパイよりもややスペックが高いみたいです。
これらはARM on Linuxと呼ばれているようで、これはARMアーキテクチャの上で動くlinuxを指すようです。
ラズベリーパイのCPUもARMプロセッサを搭載しています。

またARMプロセッサを使用している為に使用出来るlinuxのディストリビューションはDebian系のものが多いです。
ラズベリーパイに初期状態で組み込まれているOSもDebian系のRaspbianとなっています。
学生時代聞きかじった知識で推理するとCPUにOSが依存するのは、CPUによって解釈出来るアセンブリ言語に多少差異があるからに違いない。

で、Amazonなどから購入出来るのですがラズベリーパイだけを購入しても使用出来ないようです。
ラズベリーパイで遊ぼうと思ったら
・ラズベリーパイ
・SDカード
・マウス
・キーボード
・充電用電源
・ディスプレイ(HDMI対応)
・ディスプレイ用HDMI端子

などが必要なようです。
しかし、もしラズベリーパイ以外にパソコンを1台でも所持している場合
マウス、ディスプレイ、キーボードについては不要に出来ると思います。

SDについては全てのものに対応しているわけではないそうなので、特定のSDを購入したほうが無難です。
僕は以下のものを購入しました。

本体とクリアケース

SDカード

電源

電源はマイクロUSBで充電が出来ればよいとのことなので、アンドロイドのスマートフォンを持っている方であれば電源も買う必要がないと思います。

こんな吹雪の中、ヤマトや佐川さんはやってくるのでしょうか。すまんな

関連記事

no image

Raspberry Pi/ラズベリーパイ にFedora(Pidora)をインストール

Raspberry PI2にFedoraをインストール 注文していたRaspberry P

記事を読む

no image

個人でのProxyサーバ利用用途

Proxyサーバを建てたいということで、利用用途を考えていました。 まずサイト高速化であったり冗長

記事を読む

no image

RedmineからsSMTPでメールを送信

Redmineの管理画面にアクセスしたところメール通知設定は所定のファイルを編集しないとできないよう

記事を読む

no image

Raspbianをwheezyからjessieにアップグレード

2015/04頃にdebianのバージョン8 jessieがリリースされたようです。 それに伴い、

記事を読む

no image

RaspbianのZabbix ServerにZabbix Agentをインストール

前回の記事でRaspbianにZabbixサーバをインストールしてみました。 今回はzabbi

記事を読む

no image

yum使いがハマるaptitudeの罠 update

最近までaptitudeの使い方に関して大いなる勘違いをしていました。 yum使いの皆様も私と同様

記事を読む

no image

Raspberry Pi2/ラズベリーパイ2にFedoraをインストール

Raspberry pi2にFedoraがインストールできるという情報を入手したので2台目を購入して

記事を読む

no image

rsyncでsshの鍵を指定してデータ転送

今回は旧サーバから新サーバへいろいろ移設するために便利なrsyncの設定です。 設定というほどのも

記事を読む

no image

Raspbianでメール送信 ssmtp編

Raspbianで監視などをおこなっているとメールが送信したくなります。 とりあえず何かと管理用に

記事を読む

no image

CentOSにSSH鍵認証で接続するGitリポジトリを作成

今回友人と共同開発を行なうと思い、ざっくりとGitサーバを建ててみました。 私はSVNの方が好きな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑