*

Raspberry Piのpidoraをセットアップ

公開日: : 投稿者:raru Linux, サーバ

以前私はRaspberry PiにPidoraを入れたのですが、初期設定をしたつもりになっていてしていませんでした。
不覚でした。rebootするとsshが繋がらないわけです。

初期設定

前提としてRaspberry Piを外部公開することは最初から考えていませんので、セキュリティに関しては比較的テキトウです。
sshに鍵を生成してもよいのですが、面倒なので省いてしまいます。

CentOSとのコマンドの違い

Pidoraなどはarch linuxのコマンドを一部使用しているらしく若干CentOSと勝手が異なりました。
内部的に処理してくれて入るようなのですが、なんだか気持ち悪いですね……。
私が気づいた違いでよく使うのが以下

# CentOS
service start sshd
chkconfig sshd on
chkconfig sshd off

# Pidora
systemctl start sshd.service
systemctl enable sshd.service
systemctl disable sshd.service

.serviceを打つのが面倒なのですよね……

iptables

Pidoraは初期状態では/etc/sysconfig/iptablesが存在しません。
しかしもう一つfirewallを備えているらしく、そいつが邪魔でよくわからないことになっていました。
非常に鬱陶しいですね。

# systemctl stop firewalld.service
# systemctl disable firewalld.service
# vi /etc/sysconfig/iptables 
# cat /etc/sysconfig/iptables
*filter
:INPUT DROP [0:0]
:FORWARD DROP [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [0:0]
-A INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
-A INPUT -p icmp -j ACCEPT
-A INPUT -i lo -j ACCEPT
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 22 -j ACCEPT
COMMIT

# systemctl enable iptables.service

sshの設定

私は通常ポートを変更し、鍵以外でのアクセスをシャットアウトします。
外部公開するサーバだと、さらにアクセス出来るユーザを絞ります。
ipまで絞るほど本格的に運営はしていません。

今回は外から内への接続を行なう予定はないので簡単に行ないます。

# systemctl enable sshd.service
# systemctl start sshd.service

以上です。余裕ですね。
手抜き過ぎて心配になりますね。明日あたりに鍵認証に切り替える自分が見えます。

関連記事

no image

Raspberry Pi 2(Raspbian) 初期設定

性懲りもせずにRaspberry pi2を購入しました。 初代に比べて相当スペックが向上しており、

記事を読む

no image

SSL脆弱性/セキュリティ設定

昨今POODLEやらFREAKやらと大きめなOpenSSLの脆弱性が多発していました。 最近では安

記事を読む

no image

CentOS 7 で ruby on rails 環境構築

気づいたらCentOS7が出てから時間が立っていました。 そろそろ新しく建てるサーバはCentOS

記事を読む

no image

Firewalldで特定IPからの接続をdrop

このサイトは見ての通りwordpressなのですが、wordpressではloginのurlが推測さ

記事を読む

no image

RaspbianにZabbixをインストール

今回はRaspbianにZabbixをインストールしてみたいと思います。 前回のPidoraでは「

記事を読む

no image

RaspbianのZabbix ServerにZabbix Agentをインストール

前回の記事でRaspbianにZabbixサーバをインストールしてみました。 今回はzabbi

記事を読む

no image

PidoraにZabbix2.2を入れてみた

※完璧な状態ではありません。 こちらの記事のzabbix設定周りを行うと解決する可能性がありま

記事を読む

no image

OpenDKIMを利用したメール認証

今回はOpenDKIMを利用したメール認証設定を行います。 DKIMやらSPFやら、メールは何かと

記事を読む

no image

Raspbianをwheezyからjessieにアップグレード

2015/04頃にdebianのバージョン8 jessieがリリースされたようです。 それに伴い、

記事を読む

no image

CentOS7にウイルスソフト(Clamd)を導入

今回はLinuxのウイルス対策ツールのClamdの導入を行いたいと思います。 Windowsマシン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑