*

Raspbianでメール送信 ssmtp編

公開日: : 最終更新日:2015/11/01 投稿者:raru Linux, Raspbian, サーバ, メール

Raspbianで監視などをおこなっているとメールが送信したくなります。
とりあえず何かと管理用にメールが欲しくなります。

ただドメインとも紐付いていない、固定IPでもないメールサーバを立てるのは思いの外面倒です。
postfixを入れて頑張るのも良いですが、なんだかんだでやっぱ面倒なのです。

今回は私も始めて利用するssmtpというものでメールを送信してみましょう。

送信と言いつつも、やっていることはroot宛のメール転送です。

ssmtpインストール

まずはインストールです。
おなじみのaptitude

root@raspberrypi:~# aptitude install heirloom-mailx ssmtp

raspbianはそもそもmailコマンドがないのでそちらも合わせてインストールします。

ssmtpを設定

インストールが終わったら、早速設定です。
驚くほど簡単で驚きました。

root@raspberrypi:~# cp /etc/ssmtp/ssmtp.conf /etc/ssmtp/ssmtp.conf.org
root@raspberrypi:~# vi /etc/ssmtp/ssmtp.conf
root@raspberrypi:~# cat /etc/ssmtp/ssmtp.conf
#
# Config file for sSMTP sendmail
#
# The person who gets all mail for userids < 1000
# Make this empty to disable rewriting.
root=yourmail@yourdomain.com

# The place where the mail goes. The actual machine name is required no 
# MX records are consulted. Commonly mailhosts are named mail.domain.com
mailhub=smtp.gmail.com:587

# Where will the mail seem to come from?
#rewriteDomain=

# The full hostname
# hostnameは特になんでも問題なし。
hostname=rasp2raru.com

# Are users allowed to set their own From: address?
# YES - Allow the user to specify their own From: address
# NO - Use the system generated From: address
#FromLineOverride=YES

AuthUser=hogehoge@gmail.com
AuthPass=********
UseSTARTTLS=YES

いやぁ、こんだけで終わるんですね。シンプルでいいです。
結局転送しているだけみたいですね。
postfixでrelayhost設定しているのと同じなのでしょう。

特にこのサーバは受信の予定もないので、これで十分といえば十分です。

<2015/11/1 追記>
勘違いしていたのですが、転送しているのはrootであってメールの送信自体は宛先に関わらず外部へ送る場合にはsSMTPを通してgmailから行われています。
root宛のlocalメールだけをgmailへ依頼しているわけではありません。

動作検証

設定が終わったら動作検証です。

root@raspberrypi:~# mail root
Subject: test mail
this is test.
.
EOT

mailコマンドでroot宛にメールを送ってみましょう。
これが転送されて、あなたのメールアドレス宛に届きます。

<2015/11/1 追記>
自分のメールアドレスを直接指定した場合にもメールが送信されます。

あとがき

大勢で使うサーバではあまり利用しないほうが良いような気がしますが、個人でライトに使う分には充分だと感じました。
というか、メール系はちゃんとドメインを取得しないと逆にわかりづらいです。
そういう意味でも他のサーバよりも敷居が高いですよね。

関連記事

no image

RaspbianにZabbixをインストール

今回はRaspbianにZabbixをインストールしてみたいと思います。 前回のPidoraでは「

記事を読む

no image

CentOS7にウイルスソフト(Clamd)を導入

今回はLinuxのウイルス対策ツールのClamdの導入を行いたいと思います。 Windowsマシン

記事を読む

no image

yum使いがハマるaptitudeの罠 update

最近までaptitudeの使い方に関して大いなる勘違いをしていました。 yum使いの皆様も私と同様

記事を読む

no image

Raspberry Pi/ラズベリーパイ を注文しました

Linuxの学習用途にお勧めされているRaspberry Piを注文しました。 ラズベリーパイ

記事を読む

no image

RaspberryPI3にCentOS7をインストール (mac利用)

いつの間にやらRaspberryPI 3が発売し、さらにはCentOSまでもがraspberry p

記事を読む

no image

CentOS7にwordpressを移行

前の記事で初期設定を行ったサーバにwordpressを移設します。 wordpressの移設は案外

記事を読む

no image

個人でのProxyサーバ利用用途

Proxyサーバを建てたいということで、利用用途を考えていました。 まずサイト高速化であったり冗長

記事を読む

no image

OpenDKIMを利用したメール認証

今回はOpenDKIMを利用したメール認証設定を行います。 DKIMやらSPFやら、メールは何かと

記事を読む

no image

Raspbian(jessie)にssh鍵認証で接続

Debianがjessieになって、sshd_configのデフォルトの設定が変わりました。 それ

記事を読む

no image

rsyncでsshの鍵を指定してデータ転送

今回は旧サーバから新サーバへいろいろ移設するために便利なrsyncの設定です。 設定というほどのも

記事を読む

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑