*

Raspbianをwheezyからjessieにアップグレード

公開日: : 投稿者:raru Linux, Raspbian, サーバ

2015/04頃にdebianのバージョン8 jessieがリリースされたようです。
それに伴い、現在では配布されているraspbianもjessieになっているらしいのですが、私がセットアップした頃はまだwheezyでした。

今回はraspbianをwheezyからjessieにアップグレードします。

システムを最新の状態へ更新

システムのバージョンを確認して8未満であった場合にはアップグレードを行います。

そこでまずは現在のraspbianを最新の状態へ更新します。
アップグレード前なので、念のためです。

root@raspberrypi:~# cat /etc/debian_version 
7.8
root@raspberrypi:~# apt-get update
root@raspberrypi:~# apt-get upgrade
root@raspberrypi:~# apt-get dist-upgrade

wheezyをjessieへアップグレード

システムを最新にしたら早速アップグレードを行います。

まずはapt-getの問い合わせ先をjessieのものに変更します。

// :%s/wheezy/jessie/g で置換できる
root@raspberrypi:~# vi /etc/apt/sources.list

変更が完了したら、アップグレードを行います。

システムのデフォルト状態から変更されたファイルがある場合にはアップデートやアップグレード中に確認が入るため、夜中に通して実行などはできませんので注意してください。
夜中の間に実行したい場合には -y オプションで可能ではありますが、オススメしません。

root@raspberrypi:~# time apt-get update
real	1m14.749s
user	0m46.280s
sys	0m3.050s

root@raspberrypi:~# time apt-get upgrade
(略)
real	33m32.162s
user	7m36.170s
sys	2m48.870s

root@raspberrypi:~# time apt-get dist-upgrade
(略)
設定ファイル '/etc/pam.d/su'
 ==> これはインストールしてから (あなたかスクリプトによって) 変更されています。
 ==> パッケージ配布元が更新版を提供しています。
   どうしますか? 以下の選択肢があります:
    Y か I  : パッケージメンテナのバージョンをインストールする
    N か O  : 現在インストールされている自分のバージョンを残す
      D     : 両バージョンの差異を表示する
      Z     : 状況を調査するためにシェルを開始する
 デフォルトでは現在使っている自分のバージョンを残します。
*** su (Y/I/N/O/D/Z) [デフォルト=N] ? Y
(略)
real	75m5.914s
user	12m42.040s
sys	4m35.720s

一箇所サンプルを記載しましたが、(略)となっている部分には何回か上記のような設定の上書き確認が表示されています。
ここは個人で判断して選択してください。

全部Yにしても、何が差し戻されたかだけ控えていればあとから設定の修正は可能です。
必要であれば以下のようにしてテキストに出力しておくと良いかもしれませんね。

またコマンドの先頭にtimeをつけている部分がありますが、これを行うとコマンドの実行時間が計測できます。
目安として記録してみました。結構かかります。

# apt-get dist-upgrade > output.txt

最後にシステムの再起動をして完了です。
ちなみに私はシステム再起動を行う前に設定が変更されてしまっていたpam.d/suを先に修正しました。

root@raspberrypi:~# reboot

アップグレード確認

再起動が完了したら、システムがアップグレードされているか確認します。

root@raspberrypi:~# cat /etc/debian_version 
8.0
root@raspberrypi:~# hostnamectl 
   Static hostname: raspberrypi
         Icon name: computer
           Chassis: n/a
        Machine ID: 440a68c6f28d3e287c6b6c7b554a9684
           Boot ID: ff532e20c64442e4ab446002b7cf2190
  Operating System: Raspbian GNU/Linux 8 (jessie)
            Kernel: Linux 4.1.7-v7+
      Architecture: arm

上記それぞれでバージョン8にアップグレードされていることが確認できました。

不要パッケージ等の削除

最後に不要パッケージや、不要な設定ファイルを削除します。

wheezyからjessieに変更するとinitシステムがsysvinitからsystemdに変更されているため、wheezyの起動ファイルや設定ファイルが残っているのは好ましくありません。
いつかきっと謎エラーを発生させて、我々のやる気を削ぐことになるでしょう。

// 不要パッケージ削除
root@raspberrypi:~# apt-get autoremove
root@raspberrypi:~# apt-get autoclean

// https://www.debian.org/releases/jessie/mips/release-notes/ch-information.ja.html
// rc" ("Removed, but Config-files remain"、削除されたが設定ファイルが残っている) 
root@raspberrypi:~# dpkg -l | awk '/^rc/ { print $2 }'
root@raspberrypi:~# apt-get purge $(dpkg -l | awk '/^rc/ { print $2 }')

これで不要パッケージの削除と、不必要な設定ファイルが削除されました。

あとがき

CentOS7でもsystemdが利用されるようになりましたよね。
あぁsystemd流行ってるのかなと思うと、そもそも従来のinitとsystemdで何がどう違うのか知りたくなります。

今のところはsystemdの方が起動時のログ系が見づらいという印象しかないのですが、たぶんちゃんと調べるとsystemdの方が全体的に優れているんでしょうね。
気になります。

関連記事

no image

CentOS6 初期設定

自宅に置いてある安鯖にCentOS6を入れて初期設定を行ないました。 前提条件/設定項目

記事を読む

no image

ZabbixでSSL証明書期限チェック

zabbixは初期状態でhttps系の監視が微妙なため、証明書期限の監視設定などを行ってみたいと思い

記事を読む

no image

CentOS6にredmineを導入

CentOSにredmineを導入しました。 Gitとの連携を目論んでいたのですが、redmine

記事を読む

no image

CentOS7にウイルスソフト(Clamd)を導入

今回はLinuxのウイルス対策ツールのClamdの導入を行いたいと思います。 Windowsマシン

記事を読む

no image

Firewalldで特定IPからの接続をdrop

このサイトは見ての通りwordpressなのですが、wordpressではloginのurlが推測さ

記事を読む

no image

Raspbian(jessie)にssh鍵認証で接続

Debianがjessieになって、sshd_configのデフォルトの設定が変わりました。 それ

記事を読む

no image

OpenDKIMを利用したメール認証

今回はOpenDKIMを利用したメール認証設定を行います。 DKIMやらSPFやら、メールは何かと

記事を読む

no image

SPFの送受信設定

今回はSPFの設定を行います。 SPFとは何かということについてはここでは割愛しますが、メールの送

記事を読む

no image

PidoraにZabbix2.2を入れてみた

※完璧な状態ではありません。 こちらの記事のzabbix設定周りを行うと解決する可能性がありま

記事を読む

no image

rsyncでsshの鍵を指定してデータ転送

今回は旧サーバから新サーバへいろいろ移設するために便利なrsyncの設定です。 設定というほどのも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑