*

飲食業界を知る

公開日: : 投稿者:raru 書籍

最近は技術関係の知識よりも企業や業界についての学習が増えてきています。
というよりは技術にほぼ触れていません。あまり気にしていませんが、これではいい先輩に成れそうにないのでどこかで詰めて勉強しなくてはいけませんね。

最近購入した書籍の紹介です。
まだ届いたばかりでほとんど読んでいないためレビューという形ではありませんが、参考に成れば。
以下が購入した書籍です。

飲食店の店長&経営者・これができなければ務まらない

今はこの本を読み進めています。
私は読書スピードが遅いため時間をかけている割には進みません。
余談ですが、私は基本的に何事も作業が遅くて鈍臭いのです。あまり頭が良くなく、器用ではないのです。

さて、この本を読んでいる途中の感想です。

この本は経営というところで、まず前提としてサービス業を行なうにあたっての心配りというところが度々出てきます。
そしてそれを踏まえた上で、数字的なアプローチに移ります。

ここで1つ注意なのですが、この本は基本的に店長や経営者向けに書かれている本ですので、お金周りの基礎的なことについて詳細に書いているわけではありません。

私は前回「キャッシュフローと損益分岐点の見方・活かし方」という本を読んで、ビジネスに置ける、お金周りの基礎知識を頭に入れていたので、特に抵抗無く読むことが出来ていますが、基礎知識が無いときにはほんのちょっとだけ抵抗があるかもしれません。

と、注意は促しはするのですが、変動費、固定費、損益分岐等については簡単な説明をしながら書いてくれてあるので、よく考えてみたら基礎知識が無くても大丈夫かもしれません。
しかし縦書きで数式等が書いてあるので、ちょっとだけ見辛いです。

またサービス業というところで私たちシステムエンジニアも似たようなところがあるのか
はたまた、業種とか関係なく仕事とはそういうものなのか分かりませんが、飲食業ではなくIT企業に所属する方が読んでも問題なく読むことが出来そうです。
特に社内教育やコミュニケーション、店長の役割などは、そのまま上司や部長等の上に立つ人の役割と同じように感じられました。

また余談ですが、私がここ2ヶ月ほど意識していたことや感じていたこと、行なってきたことなどが全く同じように書かれており、自分の経験と重ねることで非常に納得しやすいです。

ただ、1つだけ悪い点があります。
それは誤植や誤字が多いことです。
例えば数値が間違っていると「え? 何がなんだか分からん」となってしまい、変にスタックしてしまいます。
細かいことかもしれませんが、サクサク読むということを考えたときにややマイナスです。

また飲食業界の方が読む際には、憶測ですが情報がやや古い為にそこに留意しながら読むことが必要だと思います。
概ね経営のことですので、情報が古いことによる影響は無いと思われますが細かいところまで全てここにある数値や状況を鵜呑みにするは控えた方が良いように思います。

今のところ半分読んだ程度ですが、概ね「良い本」と言えるのではないでしょうか。
そもそも飲食業界に造詣の深い方にオススメしていただいた3冊なので、基本的には良書なのだと思います。

最近なかなか更新出来ていませんが、一旦以上です。

関連記事

no image

キャッシュフローと損益分岐 P/L B/S

お久しぶりです。 最近何かと忙しく更新が滞っておりました。 久しぶりに書籍をいくつか購入しま

記事を読む

no image

初心者オススメ ネットワーク本 / レビュー

お恥ずかしながら、極端にネットワークへの知識が不足していたので書籍を購入しました。 1つ目に購

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑