*

yum使いがハマるaptitudeの罠 update

公開日: : 投稿者:raru Linux, Raspbian, サーバ

最近までaptitudeの使い方に関して大いなる勘違いをしていました。
yum使いの皆様も私と同様に罠にハマると思うので、メモを残します。

brew使いも罠にはまるかもしれない。

updateとは

yumのupdateコマンドはパッケージの更新でした。
では、aptitudeのupdate何かと言えば、aptitude上にパッケージリストの更新です。

つまり、インストールされているパッケージは更新されないということです。
今まで私は完全に勘違いしていました。
つまり、おそらく以下です。

// CentOS
# yum update

// debian
# aptitude update
# aptitude full-upgrade

apdateでパッケージ更新して、upgradeで更新をかけるというわけですね。

safe-upgradeとfull-upgrade

ちなみにupgradeにはsafeとfullがあるみたいです。
それぞれ、安全に更新と全部更新です。
そのままですね。

基本的にはfullでも問題ないようですが、以下の運用がおすすめです。

# aptitude update
# aptitude safe-upgrade
# aptitude full-upgrade

まずはsafeで更新を行い、その後fullで行うという形です。
差分の更新で済むので、fullで更新がなければ満足ですし更新がある場合には差分だけパッケージを確認可能です。
あとは必要に応じて判断してください。

あとがき

完全に騙されていました。
今までの私の設定は嘘が混ざっていたことになりますね。

いやぁ、怖いですな。
過去記事修正必須です。

またもくじを導入してみました。
このサイト横幅が狭すぎるなぁとおもうので、レイアウトの微調整も実施予定です。

関連記事

no image

PidoraにZabbix2.2を入れてみた

※完璧な状態ではありません。 こちらの記事のzabbix設定周りを行うと解決する可能性がありま

記事を読む

no image

CentOS7にwordpressを移行

前の記事で初期設定を行ったサーバにwordpressを移設します。 wordpressの移設は案外

記事を読む

no image

Raspberry Pi/ラズベリーパイ にFedora(Pidora)をインストール

Raspberry PI2にFedoraをインストール 注文していたRaspberry P

記事を読む

no image

CentOS6にredmineを導入

CentOSにredmineを導入しました。 Gitとの連携を目論んでいたのですが、redmine

記事を読む

no image

Raspberry Pi/ラズベリーパイ を注文しました

Linuxの学習用途にお勧めされているRaspberry Piを注文しました。 ラズベリーパイ

記事を読む

no image

RedmineからsSMTPでメールを送信

Redmineの管理画面にアクセスしたところメール通知設定は所定のファイルを編集しないとできないよう

記事を読む

no image

Pidoraの時刻設定(ntp)

現在Pidoraを監視サーバ化しようとしているところです。 なかなか苦労しますね。普通のサーバで設

記事を読む

no image

Raspberry Pi 2(Raspbian) 初期設定

性懲りもせずにRaspberry pi2を購入しました。 初代に比べて相当スペックが向上しており、

記事を読む

no image

ZabbixからsSMTPを利用してエラー通知メール送信

今回はsSMTPを利用してRaspbian上のZabbix Serverからアラートメールの送信を行

記事を読む

no image

Raspberry Pi2/ラズベリーパイ2にFedoraをインストール

Raspberry pi2にFedoraがインストールできるという情報を入手したので2台目を購入して

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑