*

yum使いがハマるaptitudeの罠 update

公開日: : 投稿者:raru Linux, Raspbian, サーバ

最近までaptitudeの使い方に関して大いなる勘違いをしていました。
yum使いの皆様も私と同様に罠にハマると思うので、メモを残します。

brew使いも罠にはまるかもしれない。

updateとは

yumのupdateコマンドはパッケージの更新でした。
では、aptitudeのupdate何かと言えば、aptitude上にパッケージリストの更新です。

つまり、インストールされているパッケージは更新されないということです。
今まで私は完全に勘違いしていました。
つまり、おそらく以下です。

// CentOS
# yum update

// debian
# aptitude update
# aptitude full-upgrade

apdateでパッケージ更新して、upgradeで更新をかけるというわけですね。

safe-upgradeとfull-upgrade

ちなみにupgradeにはsafeとfullがあるみたいです。
それぞれ、安全に更新と全部更新です。
そのままですね。

基本的にはfullでも問題ないようですが、以下の運用がおすすめです。

# aptitude update
# aptitude safe-upgrade
# aptitude full-upgrade

まずはsafeで更新を行い、その後fullで行うという形です。
差分の更新で済むので、fullで更新がなければ満足ですし更新がある場合には差分だけパッケージを確認可能です。
あとは必要に応じて判断してください。

あとがき

完全に騙されていました。
今までの私の設定は嘘が混ざっていたことになりますね。

いやぁ、怖いですな。
過去記事修正必須です。

またもくじを導入してみました。
このサイト横幅が狭すぎるなぁとおもうので、レイアウトの微調整も実施予定です。

関連記事

no image

rsyncでsshの鍵を指定してデータ転送

今回は旧サーバから新サーバへいろいろ移設するために便利なrsyncの設定です。 設定というほどのも

記事を読む

no image

Raspberry Pi 2(Raspbian) 初期設定

性懲りもせずにRaspberry pi2を購入しました。 初代に比べて相当スペックが向上しており、

記事を読む

no image

ZabbixでSSL証明書期限チェック

zabbixは初期状態でhttps系の監視が微妙なため、証明書期限の監視設定などを行ってみたいと思い

記事を読む

no image

RaspbianのZabbix ServerにZabbix Agentをインストール

前回の記事でRaspbianにZabbixサーバをインストールしてみました。 今回はzabbi

記事を読む

no image

Raspbianでメール送信 ssmtp編

Raspbianで監視などをおこなっているとメールが送信したくなります。 とりあえず何かと管理用に

記事を読む

no image

apache2.4でBOTからのアクセスを排除

私は何か数字が動くものを見るのが好きでgoogle analyticsのリアルタイム情報をよく見てい

記事を読む

no image

DDNS(No-IP)をcronで更新

DDNSを利用してzabbix agentを導入できないかと思い、ひとまずDDNSの設定を行いました

記事を読む

no image

Raspbianをwheezyからjessieにアップグレード

2015/04頃にdebianのバージョン8 jessieがリリースされたようです。 それに伴い、

記事を読む

no image

Raspberry Piのpidoraをセットアップ

以前私はRaspberry PiにPidoraを入れたのですが、初期設定をしたつもりになっていてして

記事を読む

no image

CentOS6にredmineを導入

CentOSにredmineを導入しました。 Gitとの連携を目論んでいたのですが、redmine

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑