*

RaspbianのZabbix ServerにZabbix Agentをインストール

公開日: : 投稿者:raru Linux, Raspbian, サーバ

前回の記事でRaspbianにZabbixサーバをインストールしてみました。

今回はzabbixサーバにagentをインストールして監視を行いたいと思います。
自分自身が死にかけている時に通知するようにできますね。

Zabbix Agentのインストール

まずはAgentのインストールを行います。

root@raspberrypi:~# aptitude install zabbix-agent
以下の新規パッケージがインストールされます:
  zabbix-agent 
更新: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
.....

これにてこれにてインストールは完了です。

Zabbix Agentを設定

Zabbix Agentには自身を監視するServerを指定したり、監視を受け付けるためのポート指定などが必要ですが今回は同じサーバ上に乗っているため、細かい設定は必要ありません。

root@raspberrypi:~# cat /etc/hosts | grep zabbix
127.0.0.1 zabbix
root@raspberrypi:~# cp /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf.org
root@raspberrypi:~# vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
// ServerIPがデフォルトで127.0.0.1
root@raspberrypi:~# diff /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf.org /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
137c137
< Hostname=Zabbix server
---
> Hostname=zabbix

root@raspberrypi:~# systemctl start zabbix-agent
root@raspberrypi:~# systemctl status zabbix-agent
● zabbix-agent.service - LSB: Start zabbix-agent daemon
   Loaded: loaded (/etc/init.d/zabbix-agent)
   Active: active (running)....

たったこれだけで完了です。
これが完了したら、今度は管理画面から設定を行います。

管理画面から設定

管理画面から監視する対象を追加、設定していきます。

以下のように設定を行うとひとまずは監視可能です。

agent_setting1

Configuration -> Hostsと選択をして、ホスト一覧を表示します。
ホストの一覧からZabbix Serverのstatus列にある文字列を選択してください。

そうすると以下のようなダイアログがあがります。

agent_setting2

OKを選択してあげれば完了です。

agent_setting3

あとはMonitoringのDashboardから状態を確認できます。

私はなんか黄色の警告が出ていますが、まだその警告がなんの閾値を元にどういう理由で出ているのか調べられていません。
なにはともあれ、これで一旦追加は完了です。

次回はzabbixが検知した警告やエラーをメールでgmailに送信する設定を行いたいと思います。

あとがき

メールの設定が地味に面倒そうだということと、zabbixそのものの使い方がわからないことで先が思いやられます。
あと、現在は秒単位で監視を行っているように見えるのですが、流石にスパン短すぎるのでおいおいここの調整もしたいです。

ちなみに以下のコマンドでcpu温度が確認できるのですが、zabbix serverとagentを入れても特に温度は上がっている様子がありません

root@raspberrypi:~# cat /sys/class/thermal/thermal_zone0/temp
37932

これは大体38度になるようです。

関連記事

no image

RedmineからsSMTPでメールを送信

Redmineの管理画面にアクセスしたところメール通知設定は所定のファイルを編集しないとできないよう

記事を読む

no image

CentOS7にGitLab 9をインストールして日本語化

最近CentOS7にGitLabを入れて、日本語化してみました。 最近9が出たようで、あまり参考に

記事を読む

no image

CentOS7にwordpressを移行

前の記事で初期設定を行ったサーバにwordpressを移設します。 wordpressの移設は案外

記事を読む

no image

CentOS6 初期設定

自宅に置いてある安鯖にCentOS6を入れて初期設定を行ないました。 前提条件/設定項目

記事を読む

no image

rsyncでsshの鍵を指定してデータ転送

今回は旧サーバから新サーバへいろいろ移設するために便利なrsyncの設定です。 設定というほどのも

記事を読む

no image

ZabbixでSSL証明書期限チェック

zabbixは初期状態でhttps系の監視が微妙なため、証明書期限の監視設定などを行ってみたいと思い

記事を読む

no image

Raspbianをwheezyからjessieにアップグレード

2015/04頃にdebianのバージョン8 jessieがリリースされたようです。 それに伴い、

記事を読む

no image

iptablesで特定のIPからの接続を遮断

WordPressを利用して作成しているこのブログなのですが、管理画面へのログインリンクがあるせいな

記事を読む

no image

CentOSにSSH鍵認証で接続するGitリポジトリを作成

今回友人と共同開発を行なうと思い、ざっくりとGitサーバを建ててみました。 私はSVNの方が好きな

記事を読む

no image

OpenDKIMを利用したメール認証

今回はOpenDKIMを利用したメール認証設定を行います。 DKIMやらSPFやら、メールは何かと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑